万思: この詩には、何か深い意味があるのかなぁ、、、それともか意味なんか全然ないのかなぁ、、、
ウィル: (自分の鼻を掻く)。。。詩というのは、何か言うような物じゃない。我々が詩に思いを寄せる事こそが、重要なのです。
ナディア: (咳)クワッ、クワッ、 あぁ、バカバカしいったら、ありゃしない! 著者は何かを言おうとしているけど、誰も興味を持っていないことも認識している。
カシム: (あくび)あぁ、退屈。ページをめくりましょう。
Saihyōka - NITTA Hirou yori no E
人間というものは、バカ、
あるいは悟りを待っている仏だ。

人間の心の大部分は塵に覆われているから
まだ我々には、学んだり、
新たな一歩を踏み出す余地があります。

人間は脳内にたくさんの無駄な部分持っているから、
我々は、偉大さの種も持っている。
だから、捨てたもんじゃありません。

人は概して、色々な側面を持っているものである:
愚か者の側面や賢者の側面、
英雄的だったり邪悪だったり、
勇敢だったり臆病だったりする側面。。。
だったら
ラベリングする事になんの意味があるというんだ?