Yūtōsei - T Nyūfīruzu yori no e
優等生は、頭を必要としない
言われたままに動く身体

優等生は、思考深いことを言わなくてもいいし、
単に要求されるように繰り返し、そして、盲目的に従う

理想的な学生は論争を避ける、
相手が要求しそうな答えを言って、
場違いな発言を恐れている。

理想的な学生は優れた兵士、
工場労働者、きちょうめんな公務員、
そして忠実な配偶者にもなります。

1つだけ問題があります。
彼らのきれいに磨かれた眼鏡の内側と
ごしごし洗った耳、
それらの一部に好奇心が強いものがある
そして、彼らが聞くものをテストする。
悟: あなたは、心配しているまたは無関心な学生が理想的であることを提案しているか?
ティム: (肩をすくめて)ええと、よくわかりません。この詩を書きましたが、それを理解できるを意味しません。
メリッサ: 私にメッセージは明らかです。理想の学生は、好奇心を抱いて、順応主義だ。
リヤオ: 「理想」と言う観念がなぜ必要であるか?その概念は必要ですか?あまりにも頻繁に私たちの思考は知覚の方法で取得します。なぜ理想的な基準に合うかどうかを考慮せずに他人を見てみませんか?