テリー: ほとんどの人は、お金の動きというものを理解していない。彼らには商才がない。
テッド: 僕は資本主義の仕組みはわかっているが、それが本当に賢明なのかについては確信がもてないな。
クリス: 僕に言わせれば、お金は、いかようにでもなる物だ。それは使い方次第。
ティム: ナンセンス!この世に、いかようにでもなる物などはないのだ。
Kinsen Mondai - T Nyuufiiruuzu Yori no E
お金は言語である
奇妙な語彙を持つ。
硬貨は、クリックして
コンピュータの画面は、
デジタルブリップを計算
奇妙な事が可能になる
セントは感覚よりも重要ではあります。

お金が違法薬物である
それは、人々が信じさせる
すべてが値札を持っている
それは瞬く間に交換することができます。

お金が糞尿である
均等に広がるときに最も働く
と十分な透明な日光にさらされる
むしろ、銀行の金庫に密かに腐っより -
死者のみにサービスを提供枯病。

私達は自分の金銭欲を乗り越えて、
思いやりと信頼で他人を受け入れることができるのでしょうか?

または、私達はいつでも、
損得勘定しながら行動しなくてはならないのでしょうか?
まるでお金が唯一の尺度であるかのように、
何を破壊して、何を作るのかを決めるときに。