バーラーテ: 何かが、起っていると思いませんか?
Daruma no jōshō: T Nyuufiiruusu yori no E
安一: おそらく。しかし、私たちは自分たちの感覚を信頼すべきではないでしょうか?
大記: (冗談半分に) 情報というのは99%はフィルターにかけられ、私たちの元に届いているのはそのごく小さなかけらだけ。これを覚えていれば、何の問題もありません。