教育理念

える昨今です。長引く不況で高学歴のé�éメ達が職を探すことに血眼になっています。 しかし、物é魔ヘ片側だけ見てはいけないというのがéрフé攪_です。総てはバランスをとり成り立っているはず。こと不況ともなれば、企業は新人を育てるé條ヤもé走{も余裕が無くなっています。とすれば、学生éゥ身の為にéミ会に送り出す大学はどう教育を捉えていくべきか、ということも考え直さねばならないのではないでしょうか。éрフ専門である語学について申し上げれば、国際競争力をつけていく為には、英語は競争のための基本的なé闥i。そしてそれに磨きをかけることが、その人に様々な力を与えることになると考えます。台湾で教えたé條ヤは、同じアジアでありながら、日本の学生との教育に対するスタンスの大きな違いを感じさせた貴重な経験でした。評価にこだわる台湾の学生は目標をはっきりと見据えていました。 語学は文化や習慣、そしてé梠繧ニ共にあります。現在、éрヘ語学習得のみならず、パソコンの利用も推奨しています。ホームワークをインターネットやFPDで提出することで、英語のタイピングも同é桙ノ習得できます。“書く”ことももちろん大切であり、最初は必ずペーパーワークで提出してもらいます。両方の良さを常に認éッし、有効なIT機器の利用をすすめていきたいと考えています。所属している学会の研究部会CALL SIG(コンピューターによる教育の研究)で教育とIT機器の有効利用を研究しており、貴校がIT導入に熱心であることを知りひじょうに期待しています。 éрフもっとも基本的なéw導方針は3つあります。 第一は、éゥ身にかなりの選択権を認めます。学生にあらかじめいくつかの異なるコースワークの選択課題を提éヲし、シラバスの進度についてもéゥ由に意見を交換します。教科書をやり終えるという目標だけを優先すると、本来学生が必要とするものをないがしろにしてしまいます。できるだけ学生とオープンに話し合える環境を作ることが必要です。 第二に、現在問題になっている学生の学力のばらつきに対応するように、様々な方法で謔驍謔、心がけることです。最適なアプローチ方法というのは個々の学生によって違うことを考慮し、バリエーションのある教材や活動(é糾o、運動感覚、聴覚を働かせる)を用意します。 第三Oに、規律です。これは決して堅苦しいことではなく、学生にの身にとっても公平なことであり、偏ることなく彼らに接することが大切だとévっています。  以上がéрフ教育に対する考えです。貴校においてéゥ分の経験と熱意を生かせることを切に希望しています。